試験撮影2

vu-title

本内容は最終更新日における情報です。ご注意ください。

index_html_cmp_shiken_bnr

平成12年1月13日と20日に,試験撮影として,バーチャルユニバーシティプロジェクト最初の撮影を行いました.この撮影の目的は,教材用の映像の収録そのものよりも,撮影方法のテストに重点を置いたものでした. 撮影は,教授会室を利用しました.

 ビデオテープの各カットには,このような情報が映像として収録されます.

また,前述の記録用紙には,同様な情報を記録していきます.

 DCP_0381
DCP_0384  最終的な調整(暗記?)に余念のない竹内教授.
ブルーバックの撮影練習です.

実際の撮影時には,背景には何もないのですが,それでは,話をする際に手などで指示をする場合に,どこに持っていけばいいのかわかりません.

そこで,液晶プロジェクターを利用して,編集時にバックに差し込むはずの画像を一時的に表示させ,それを参考にして手の位置決めなどの調整と練習を行いました.

実際の撮影時には,もちろん,バックには何も表示せずに撮影を行いました.

 DCP_0378
DCP_0388  撮影に利用したDVCAMカメラです.
 撮影を担当していただく専門家に,大学側で用意をしたDVカメラを利用して,撮影をお願いしました.

通常,ベータカムを使われていることと,撮影現場でカメラをお渡ししたため,最初は設定などに少々時間がかかりました.

DCP_0394
DCP_0399 最初は,カンニングペーパーなど何もなしに講義をしていたのですが,話すべきことが抜けてしまったり,視線が定まらず泳いでしまうなどの問題が出てきました.

途中から,大型のモニターをプロンプタとし,カメラの後ろにおいて,原稿や参考資料を表示して話をするようにしてみました.

この方法だと,視線が泳いだり,変な方向に行ったりしなくなり,この後に標準的な方法として利用されるようになりました.

プロンプタとして利用する大型モニターに表示するPCを接続しているところ. DCP_0398
DCP_0403 試験撮影の日は,あいにくの天気となり,午後から雪となりました.

ただ,撮影そのものに関して言うと,雪の日などは捨てがたい撮影日和といえます.

撮影では,たくさんのライトを利用するため,膨大な発熱を伴いますが,寒い雪の日は,それがあまり問題になりません.また,曇天では直射日光がないので,窓の遮光を完全に行わなくても,照明条件が時間と共に大きく変わるということがありません.

 blorulee

バーチャル・ユニバーシティー・プロジェクト
九州工業大学
最終更新日: 2000/09/26
最終移行確認日: 2013/08/02