PBL教育推進室「プロジェクト学習 ~答えは、みんなでみつける~」 

スマートホンサイトトップに戻る
サイトトップに戻る
教育研究施設(学生活動・その他)に戻る

近年の高度情報化社会に代表される科学の進歩に対して、従来型の「講義」と「実験・演習」の積み上げ(詰め込み型教育、系統的教育)により教える量を増や したとしても、現在の多岐にわたる学問分野を網羅できないばかりか、逆に多くの学生が目的を見失い、意欲を削がれる結果となります。 そのため、大学教育は、知識や技術の伝授よりも、学生個々人に適した“方法論”の習得と確立を重視するべきであると考えております。この点で PBL(Project-Based Learning、課題解決型学習)では具体的な課題を設定するため、課題解決という目標に向かって学生は意欲的に取り組むことができ、その過程で自分の 方法論を獲得することができます。本取り組みに興味のあるかたは、こちらもごらんください。